読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

過ぎ去りし麗しき日々は再び我の元に返り来たらず

やってくるこの毎日が人生だと知っていたら

おつかれしちゃった

 本日は小2の息子の参観日。妻がどうしても行けないと言うので、まぁ今まで一度も行ってなかったし行ってみようかと。

 ただ明日、職場で俺が担当するイベントがあってそれの準備もあるもんだから、けっこう無理やり仕事を抜け出したのである。


 参観日の授業は5時間目の"道徳"で1時から。ちょっと早めに着いたので、廊下に貼り出されている運動会の写真の番号をチョイスする。

 参観日に小2の道徳って地味だなぁ・・・とは思ったが、『思いやり』についての授業ということあった。

f:id:Nakid-Jaguar:20150701095949j:plain


 先生が黒板に大きくプリントアウトされたこの画像を貼った。「思いやり」の部分には紙が貼ってあって「さてこの部分はなんでしょう?みんなで考えてみましょう。」と言う。震災後によくTVで流れていたACジャパンのCMだったっけ?

 正解は画像のとおり「思いやり」ですが、クラスのみんなはそれぞれいろんな答を発表する中、先生が「この中で1人だけ正解を書いた人がいます!」と言い、なんと息子の名前を発表したのである!

 わー!と拍手が起こり、照れる息子。そんな様子を見てムズムズする俺。その後も息子は恐る恐る手を上げて発表したりと、まぁなかなかの授業態度で俺なんかよりも全然マトモなんでそれなりに安心したんだけれども。

 授業参観が終わり、俺はすぐ職場に戻って仕事を再開したのであった。途中抜けた穴は大きく帰るのが大幅に遅れてしまったが、参観日という晴れ舞台に一瞬でもクラスのヒーローになった息子を誇らしく思いながら何とか仕事を終わらせ帰宅。

 晩飯の時に一人だけ正解したことを褒めてやろうとその話題をふったのだが、息子の口から驚愕の事実が告げられるのだった。




 「黒板に貼った時に裏から答が見えたんだよね。」




 ・・・飯吹き出しましたよ。そうだよな、お前、席黒板の真ん前だもんな。