読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

過ぎ去りし麗しき日々は再び我の元に返り来たらず

やってくるこの毎日が人生だと知っていたら

The Walking Dead season 5

f:id:Nakid-Jaguar:20150905093640j:plain

 fuluで9月1日からシーズン5配信開始!ってことで4日間かけて全16話見たよ。シーズン4を見終わったのが去年の4月でした。遙か昔ですね。でも全然覚えてるんだなぁ。そんだけ強烈だったんだなぁと。

 で、シーズン5は4に輪をかけてキツかったですよ・・・。


 シーズン4ラストで"リック"らは"終着駅"なる安住の地に辿り着くものの、実はそれをエサに人間狩りする連中の集まりでした!って話で。まぁバラバラだった仲間たちが良くも悪くもまた一緒になったところで終わりましたけども。

 今回は終着駅で虐げられながらもどっかで逆襲して・・・みたいな話なんかなぁ?とか思ってたら、第1話ですんなりと終着駅を脱出しちゃいまして。追いかけてきた終着駅の連中が人肉食いの奴らだったという恐ろしい設定はあったものの、それも割と楽勝に返り討ちにして。

 病院に立てこもってる警察官の生き残りとのいざこざで昔からの仲間を失ったり、4からのキャラ"ユージーン"が大ボラ吹きでワシントン行きがパー、っていうなんやかんやがあった後、本当の安住の地"アレクサンドリア"に辿り着きます。巨大壁に囲まれた電気水道完備のコミュニティーで、住人たちは呑気に平和に暮らしています。

 リックはそれまで伸びに伸びきったモッサモサの髭をきれいさっぱり落としてスッキリはするものの、ゆーてもみんな百戦錬磨のサバイバー集団なんですよ。壁があるから町の中は銃携帯禁止!とか言って、とにかくぬるく生きてる代表"ディアナ"ら住人を一切信じないんですね。

 でもだんだんと女剣士"ミショーン"とか仲間たちが平和な生活に慣れてきちゃって、何ならリックうるせーよ!ぐらいになってきちゃって、とりあえず相棒の"ダリル"と仲間内で母親的存在の"キャロル"の3人で密かに有事に備えておくんですね。

 そんな時に、アレクサンドリアの周辺に額にWの傷があるウォーカーや人間たちがジワジワ迫ってて、更にシーズン1第1話に出てきた"モーガン"が仙人キャラになってリックの前に現れてシーズン5は終了でした。

 シーズン5に登場した新キャラで黒人神父の"ゲイブリエル"というのがいまして、戦闘能力ゼロのいつ死んでもおかしくない奴なんですが、まぁとにかく余計なことしかしません。どうやら自殺願望があるようなんですが死にきれないらしく、ついでに仲間を危険にさらすことばっかするんでイライラします。ある意味人間らしいっちゃそうなんですけどね。

 女スナイパー"サシャ"も大事な人を2人立て続けに失って壊れかかってます。ウォーカー憎しでひたすら殺し回ってます。ぶっちゃけリックやダリルよりアレクサンドリアに馴染めてなかったです。

 『もう恋なんてしない』でお馴染みのはずだったリックはちょっと余裕でてきたのか人妻"ジェシー"に下心があるみたいです。ちょーどジェシーの旦那で医者の"ピート"がDV野郎で、最終的にはディアナのGOサインもあって射殺しちゃいました。

 『私がワシントンにたどり着ければ全て元通りになるのであーる!』と言っていた天才デブ博士のユージーンはただの襟足長デブでした。行き場を失った軍人"エイブラハム"に自分を守らせるためのとっさの嘘だったのです。かくしてエイブラハムは『世界を救う人物の護衛』という嘘任務を与えられたことて復活したのでした。エイブラハムはともかくただのデブだったユージーンに今後何かしらあるんでしょうか?

 シーズン6に向けて気になるところはまだまだありますがこの辺で。シーズン6は10月から日本でもスタートするみたいですね。俺が見れるのはまた来年でしょうか?楽しみです。