読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

過ぎ去りし麗しき日々は再び我の元に返り来たらず

やってくるこの毎日が人生だと知っていたら

Tales From the Luna-Trigger #054

f:id:Nakid-Jaguar:20151027121132j:plain

 JAPANESEクランとの対戦が終了。ここ最近「あーこれ負けるかも・・・」なんて思うことが何度かありましたけど、なんだかんだで連勝街道爆走中な俺たち。対するは同胞でクランLv7の対戦110勝クランでありました。正直、配置的にはこいつらそんなツエーか?と思ってまして。ぶっちゃけ中盤まで楽勝ムード漂ってましたが、あれよあれよと押されてきて・・・。

 自分のミスもあってもう敗北を覚悟してましたが、残り数分の奇跡が起きたのでした。


 とりあえず我らはオードソックスに下から埋めていく作戦で。TH8組のメンバーが初見での☆☆☆連発してくれたおかげで、TH9組のフォローが必要なくなったのです。これによりTH9のメンバー4人は相手№3~5からの同格☆☆☆獲りを何度かチャレンジできることに。

 今回、俺は終盤まで様子見ようと思って戦局を黙って見てまして。相手もそれなりに攻めてきてましたけどパッとしない攻めで獲りこぼしも多く、たぶんもうこれ勝っただろと対戦終了2時間前に相手№2に攻めた訳です。

f:id:Nakid-Jaguar:20151027121156j:plain

 それなりに練った作戦はまぁ成功して☆☆☆ゲット!これで相手も諦めるかしら?ぐらいに思ってましたら、どうもうちのTH9組が同格全壊できないんですよね。94%止まりとかそんなんばっかで。攻撃権がどんどん消費されていくのに☆が増えない訳です。あれ、ちょっとやべんじゃね?と思ってたら動きのなかった相手№1、2が動き出しまして、俺の村から☆☆とうちの№3から☆☆☆持ってったんですね。こちらのTH9組は☆☆止まりで、どうやら相手は同格全壊奪えるぐらいの手練れだぞと。しかも相手№1は俺の村から軽々と☆☆持ってったってことは、まだ無傷の№2もヤベーぞと。

 こっから一気に押されてくるんですよ。向こうは我がクランの下位グループの獲りこぼし分もきっちり回収してどんどん追いついてくる。でもこっちは全く増えずただ攻撃権だけが消費されていく状況。そしてとうとう残り10分ぐらいで☆25対☆24と、とうとう捕らえられてしまったのだ。

 ここでお互いの☆MAXで獲得できる数が☆28だというラインが見えた。相手はうちから無傷の№2と☆☆の№5からの☆4、こちらは無傷の相手№1と☆☆の№4からの☆3。俺は相手№1からの☆☆獲り、リーダーである弟は№4全壊できれば、相手に☆4奪われてもタイブレークに持ち込めるのだ。

 まず動き出したのは攻撃権を余していた相手№4で、うちの№2の様子見なのか☆1獲って☆25に並んでしまう。ここだ!と思い、残り3分で俺は№1に向かった!☆☆を奪い突き放すために!これミスったらもう終わりだ!

f:id:Nakid-Jaguar:20151027121220j:plain

 ミスった・・・。まさかのWB穴開け3箇所全部失敗っていう・・・。正直防衛施設がTH9並だったので穴開けさえミスってなけりゃ余裕で50%破壊ぐらい訳なかったんだが、49%で止まるっていうね・・・。

 俺の攻め終わり対戦終了間際に相手№1と2が、そしてうちのリーダーがほぼ同時に攻撃を開始。向こうにしたら俺ミスったの確認してから来てるだろうから勝利確信してたと思う。

 ところが何を思ったか、相手№2が№2に、№1が№5に来たんです。相手№2は1回目の攻撃でうちの№3から全壊獲ったんで、よっぽど自信があったんだろう。俺はライブを祈るような気持ちで見ていたが、相手№2ったら俺同様ことごとくWBによる穴開けをミスっちゃって結局☆0に。相手№1は安定の全壊でも☆は1個しか増えず。

 更にリーダーが執念の同格全壊で☆1ゲットし☆1差で勝利をもぎ獲ったのであった。相手の作戦は☆28ではなく☆27で考えていたのかもしれない。とにかく今回は相手のミスで勝ったというのがデカい。本当に最後の最後までどっちに転ぶかわからない対戦はここ最近、っていうかしばらくずーっと無かったんじゃないかしら?シビれまくった展開でした。

 ひとつすげー気になることがあって。まぁリーダーの弟なんですけどね。最後に☆をもぎ獲ったのはリーダーで、全壊奪って随分と吠えてて。何か俺のおかげ的な感じでいるのがちょっと違わねぇか?と。

 その前に相手№4にはうちのTH9メンバーが2回もチャレンジして2人とも惜しいとこまでいってたんで、予習はバッチシだったと思うんですよね。逆にそれで奪えなかったらどんだけだよ、って言う。まぁ別に黙ってましたけどね。おいしいトコ取りはリーダーのすることじゃあないなぁと。自己プロデュースが過ぎるっつーんだよなー。

 そんな訳で連勝記録は止まることなく、でした。