読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

過ぎ去りし麗しき日々は再び我の元に返り来たらず

やってくるこの毎日が人生だと知っていたら

娘の参観日&息子の眼科

 今週、娘の通う幼稚園は参観日週間で、火曜日から金曜日の10時~13時の間ならいつでも来ていいらしく。どっかで行ってやってくれと妻が言うので、とりあえず文化の日に勤務した分の代休取って見に行ってきたのでした。


 年少なんですけど、まぁ娘はしっかりもんでして。先生の言うことはよく聞いて、フザケたり騒いだりもせず、何でもテキパキこなしてまして。息子とはえらい違い。こりゃ何の心配もないな、と思ったんですけど、お弁当の時間にビックリしまして。オカズを全部手づかみで食ってやがって。

 家では手を使わずに食事するよう厳しくしつけてはいるんだが、何の注意もされない幼稚園ではオール手づかみで。フォークとスプーンを使え!とジェスチャーで伝えたらハッと気づいたようでしたけどね。こんなんじゃ感染症もすぐうつるだろうなぁと、ちょっとガッカリして帰ってきました。

 で午後なんですけど。先日、息子が学校の視力測定で引っかかって"要検査"を言い渡されて帰ってきまして。とりあえず学校から帰ってきたらすぐに近所の眼科連れてったら普通に両目とも1.5で。真面目に検査やってりゃいちいち病院行かずに済んだじゃねぇか!っつって。

 ただ医師の診断の時、目の神経が集まるところが緑内障患者っぽいとか言い出しまして。何か余計な検査して少しでも金をせしめようって魂胆か?とは思いましたけど、とりあえず言われた検査受けさせまして。結局、今は何でもないけど年に何回か診察しにいらっしゃいみたいなこと言われて。

 2時間以上もかかってそれかよ、と午後の眼科受診はマジで無駄だったですよ。