読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

過ぎ去りし麗しき日々は再び我の元に返り来たらず

やってくるこの毎日が人生だと知っていたら

死んでいた・・・

DIARY

 お久しぶりです。先週の土曜日からインフルエンザでぶっ倒れておりました。職場のバイト女から「インフルエンザで休みます」と連絡が来てですね。どうも朝から具合悪いなぁと思ってたのが、ピン!と来まして。もう、そう思ったらどんどん具合悪くなってきて、咳は止まらないし寒気はするし。昼から帰って寝た訳です。


 いきなり病院行っても検査で反応ないのは知っていたので大人しく寝てたんですよ。夕方まで寝てて熱計ってみたら38℃超えてるんで、よっしゃ病院行こうと。土曜日なんで当番医調べてフラフラしながら行ったんですよ。で検査したらインフル陰性で、何だ、心配して損したなと。まぁただの風邪っつーなら薬飲んで寝りゃすぐ治るかと。

 と言うのも、月曜日に前の職場でお世話になった上司が3月で定年退職されるので、かつての仲間たちとお祝いすることになってたんですよ。インフルエンザじゃ欠席せざるを得ないじゃないですか。なのでホント助かったと思って、帰って寝たのでした。

 次の日、日曜日。心は晴々なんだけれど体がどうもバキバキで。熱も何だかグングン上昇してきて。ただの風邪と言われたのに何かおかしいぞと。っつってる間にもう何にも考えられなくなってきて、これはもしやインフルエンザなんじゃねーの?と。土曜日の検査、まだ早かったんちゃうんかと。

 月曜日、近所の内科に朝一で行ったんですよ。そしたらビンゴ!インフルエンザでした。職場に電話して明日から3日休みますと伝え、ただひたすらに横になっておりました。タミフル飲んだら火曜日には熱も下がってずいぶん楽になったけど、頭と体の痛みは更に一日続きました。んでようやく今日、復帰したのであります。俺が3日休んでる間に職場は人事異動の発表が行われ、誰も何にも教えてくれないのね。

 俺は昇格も何もなく、また同じ一年を過ごすことになりそうであります。