読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

過ぎ去りし麗しき日々は再び我の元に返り来たらず

やってくるこの毎日が人生だと知っていたら

俺の三連休(おやじ2連チャン&プロレス鑑賞)

DIARY

 10月の三連休ですが、俺は世間とは1日ズレて9,10,11日でありました。ここ最近は不景気のせいか、職場も祝日の代休をしっかり取れという風潮になっており、クソ忙しいのにも関わらずどっかで代休を取んなくてはならないので、だったら週休日と合わせて三連休にしてやろうと。

 とりあえず連休前からいろいろプライベートで楽しかったので。

7日金曜日

 娘が通う幼稚園のおやじの会打ち上げ。9月22日の幼稚園イベントで、おやじの会は屋台手伝ったりバンドやったりと大活躍だったとのこと。残念ながら俺は仕事で欠席。でもちゃっかり打ち上げには同席。場所はいつもの居酒屋だったんだけど、ここは毎回出てくる料理にビックリするので楽しみだったりするのです。


 今回は、まさに今"殺したて"というぐらい新鮮な牛レバー。マスターからは「絶対に!ちゃんと焼いてから食べてくださいね!」と何度も何度も言われまして。わかりました"絶対押すなよ"のアレですね。ハイ、みんなで美味しくいただきました。

 飲み放題2時間終わっても誰も立ち上がらず、俺は前日までの疲れとガブ飲みで寝てしまい、ふと起きたら閉店の時間。明日も早いんでとっとと帰りました。他の数名は近所のスナックに行ったようです。

8日土曜日

 おやじの会OBで近所に住んでる奴らで構成された"豊岡士連合"飲み。本当は昨日の打ち上げといっぺんにやれれば良かったんだが、都合が合わないメンバーがどっちの日にもあったので、だったら2連チャンでやっちゃえばいいじゃんということになったのでした。

 今日は2年前にアメリカに転勤になったおやじの会OBメンバーのお帰りなさい会がメイン。メンバーの山ちゃん行きつけの居酒屋で気の合う隣人たちとワイワイ。アメリカ帰りのメンバーも遅れて合流し近況を語り合ったのでした。彼は某総合病院のDrで、俺みたいな低学歴の人間が普通出会えないようなエリートでもあるんだが、中身はドスケベなおっさんで最高に楽しい奴なのです。2年間のアメリカ生活では1度も金髪を抱けなかったとのこと。

 おやじの会とは違い下世話な話で盛り上がり、また山ちゃんの行きつけのスナックに移動。今日は眠りもせずカラオケを熱唱して全員ベロンベロンで帰ったのでした。

10日月曜日

 9日日曜日は一日雨で家で何もせず。特に二日酔いでもなかったのだが疲れはMAXでぶっ倒れてました。そんなんでちょっと家族に申し訳なさもあり、息子がキックボクシングジムで隣町で開催された地方プロレスのチケットを1枚もらってきたので、とりあえず家族で見に行くことに。

 ただ、下の娘は間違いなく途中で飽きて"帰りたい攻撃"が始まるに決まってるので、息子と2人で行きたかったんだけど。1時オープン3時半から試合開始となっていて、ランチ後、特に何もない町なので会場入りしたらいろいろな武道のチャリティーマッチが行われていたので会場入りしたのでした。

 ジムの先生も運営として選手として会場にいてリングに上がったりしていたので、息子も何だか誇らしげで良かったなぁと。プロレスが始まる前に、会場の子どもたちがプロレスラーと戦える時間があって。調子こきの息子は意気揚々とリングインし戦ったのでありました。最後ハシャギ過ぎて足をグネるというね・・・。

 んでやっぱ娘が飽きてしまい帰りたいと言い出したので、プロレス1試合だけ見て帰りましたよ。息子は最後まで見たかったようですが残念。

11日火曜日

 連休最終日。息子と娘は小学校・幼稚園へ。俺は朝から病院。年に1度の首の術後チェック。レントゲン撮って診察1分ぐらいで終わり。妻も娘の学芸会の衣装合わせでちょうど休み取っており、3時ぐらいに家族全員集合。8月に買ったばかりのメガネを息子に踏みつぶされたが、ワザとではないので我慢する。息子をスポーツクラブに送ってメガネを修理に出しに行く。放出できない怒りのもってき所に苦労するが何とかセルフコントール。苦しかった・・・。

 最後の最後にムカつく出来事があった以外は概ね楽しい連休でありました。