読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

過ぎ去りし麗しき日々は再び我の元に返り来たらず

やってくるこの毎日が人生だと知っていたら

Tales From the Luna-Trigger #108

COC

f:id:Nakid-Jaguar:20161206124148j:plain

ひっさびさの日本クラン戦!

 日本クランとの熱い戦いが終わりました。25人戦という、我がクランにしたらそれなりの大人数対戦で。相手の村を見た感じそんな強そうには思えなかったんだけど"28連勝"っていう、ちょっと考えられない数字がドドーン!と相手プロフに表示されてまして。うちと同じ週2回の対戦で4か月負け無しって相当だなと。相当気を引き締めていかないと負けるなぁと思ってまして。

 でも何がどう強いのか全然わからなかったんだけど、相手11番手にX-bow無しのTH9カンスト村がありまして。俺のサブアカ"疾風切札"との直接対決でもしたら盛り上がるかなぁ?なんて思ってましたが、いざ対戦始まってみると・・・。全く予想もしてなかったこのクラン、いやこのプレイヤーの気迫、執念をまざまざと見せつけられ、心底震えたのでありました。

そこまでやるか・・・

 クラン対戦を勝つために、ルールさえ守ってれば何やったっていい、俺もそう思います。うちもリーダーの戦略的早上げ村を3つぐらい入れてるし、X-bow無しのTH9防衛カンスト村もクラン対戦に勝つための小細工であります。今回当たった日本クランもうちとほぼ同じような構成の25人でしたが、俺たちの方の小細工の度が上回ってたんでしょうね。ナンダカンダこっちの上位陣の係数が圧倒的で、まぁパワー押しで勝てるだろうなぁ、と。

 ちょっとクラン名をググってみたら、とあるTH11レジェンドリーガーがヒットし、相手№11は彼のサブアカのひとつであることが判明。それ以外にもたくさんアカを持つ、うちのリーダーみたいなプレイヤーだったのあります。

 上位を比べると、TH10の数が相手の2倍、しかも相手№2のTH10はIT無し。TH9とTH8の数は相手より少ないけど、TH9の上位はTH10で潰せるし、TH8の上位はTH9で潰せるんです。絶対負ける訳ないんです。

 さて、対戦が始まり、お互い序盤の下位グループを潰して中盤戦に差し掛かった時、ある異変に気づいたのです。相手№11のX-bow無し村が、位置そのままにLv3X-bowが2基設置されてるではありませんか!何と言うことでしょう!彼は開始ギリギリでX-bowをおっ建て、Lv3までアップグレードしやがったのです。

 29連勝がかかった一戦とは言え、一回建てたら後戻りできないってのにここまでやるか!それだけじゃございません。彼はゴーレムとペッカと各呪文も一気にアップグレードして俺の村から☆☆を奪っていきました!いやいや、負けたくないから課金してヒーロー起こすどころのLvじゃないですよ。

f:id:Nakid-Jaguar:20161206133822j:plain


 たかが1勝にいくら注ぎ込んでんだよって感じですが、結局負けてるじゃん・・・。そんな訳で世の中にはクラン対戦1戦に金を注ぎ込む人間がいるのだなぁ、と。それも同じ日本にね。そんな事実を知れたってのが今回の収穫であります。それにしてもX-bow無しっていうのが何よりの強みだったのに、X-bowLv3建てちゃったらそこらにいるただのTH9カンストじゃんか。めちゃくちゃもったいねぇ~。