読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

過ぎ去りし麗しき日々は再び我の元に返り来たらず

やってくるこの毎日が人生だと知っていたら

Tales From the Luna-Trigger #109

f:id:Nakid-Jaguar:20161210120515j:plain

日本クランに敗れる・・・

 前回に続き連続して日本クランと当たりまして。これまた30勝弱の連勝街道爆走してるゴリゴリの対戦クランでありました。まともなTH11を筆頭に上位グループはイーグル無しTH11が2つあり、いろいろすっ飛ばしてボウラーLvMAXに育て上げてるところを見ると、あぁ負けたなぁ・・・と見た瞬間わかる感じね。

 パーフェクトも狙えるメンバー選出に、対戦前からのまれていたのだろうか・・・。


 悔しかったのは相手クランが上位5人のパワー押しで勝ってるようなクランだったんですよね。中盤TH9組はあんま全壊獲れてなくて、TH10と11の兵力でゴリゴリ潰す。まぁうちも調整やってるしズルでも卑怯でもないんですけど、技術のない奴にボコられるのは気分良いもんじゃないですね。

 しかも相手№1が11とは言え、マルチで出てきたらラッキーぐらい思うほど攻略を得意とする配置だったんですが、いろいろミスって49%☆0で。リーダーに託すもリーダーも49%☆0っていうね・・・。ダサい兄弟だな。

紅白戦やってみる

 クラメンが増えたので紅白戦やってみようということで、対戦終了を待たずリーダーと俺で2つのクランを作成。俺のクランは、我がクラン"I AM NOT A HERO"を初期からずっと戦ってきたメンバー10名からなる"I AM A HERO"で、リーダーはクラロワから来た新規メンバー10名の"なんと宝箱はミミックだった"。"ミミック"はクラロワのクラン名だそうで、メンバーが増えすぎてセカンドクランまであるっつーから大したもんです。

 まぁそんなクラロワごときにうつつをぬかしてるような奴らは、ケチョンケチョンにしてやろうと思っております。クラメンがゾロゾロとクランを移動する中、1名ウンともスンとも言わないメンバーが1名いまして・・・。彼のおかげで未だに始められない状況であります。