読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

過ぎ去りし麗しき日々は再び我の元に返り来たらず

やってくるこの毎日が人生だと知っていたら

メガネ新調しました

 風呂に入るのにメガネを外して棚に置いておいたんですよ。そしたら妻が何かをメガネにひっかけて床に落とし、間髪を入れず落ちたメガネを息子が踏みつける、というコンボを喰らってしまいまして。結果、メガネのレンズが外れてしまったのでした。

 俺がメガネをかけるようになったのは高校3年生の時でありました。高校時代はずっとニキビ面でしたが、最近顔がキレイになってきたなぁ、なんて思ってて、初めてメガネかけて鏡見たらめっちゃニキビ全開で。ただ視力が悪くなってただけだったっていう思い出がありますけれども。

 一時期コンタクトにしてた時代もありましたが、面倒くさがりの自分にはやっぱメガネが性に合ってるんですな。若かりし頃はおしゃれメガネを集めたりすんのも楽しかったりして。さすがに今はおしゃれに金かける余裕も気持ちもなく、ましてやメガネなんて2つも3つも持ってる必要もないので後回しにしてきましたけど、実のところを言うとメガネ欲しいっていう欲望はずっと持ち続けておりまして。息子が踏みつけて外れたレンズは自分で直して元通りになったんだけど、いっそのこと買っちゃおう!っていう気持ちが止まらなくなりまして、今日仕事を休んでまでしてメガネ屋さんに行ったのであります。


 今持っているメガネと同じレンズにしますか?と言われそうすれば良かったんだけど、視力測ってみようかな?とふと思っちゃったんですね。で、測定マシンで測ってもらったら、店員さんが左目で「あれ?あれ?」って困ってるんですよ。

 2年前の帯状疱疹入院事件の時に、退院間際に左目にウイルスが入ってしまって。完治する前に薬とか面倒くさくなって通院をやめちゃったんですよ。そしたらどんどん見えなくなっていって、今ボンヤリと色形が見えてるだけの状態なんですね。店員さんは視力が計測不能なので、眼科の処方箋がないとメガネは作れないです、と言われてしまったのでした。

 まぁそう言うなら眼科行って処方箋もらってきますよ、ということになり眼科行きまして。飛び込みで待たされはしたもののメガネ屋での目のいきさつをまた最初から説明しまして。医師の診察を受けたら結局のところ「角膜移植でしか治せないよ。」と言われたのでした。角膜移植ってブラックジャックじゃねぇかと笑っちゃいましたが、まぁ正直、片目の視力がなくてもどうでもいいやぐらいにしか思ってなくて。

 とりあえずメガネの処方箋さえくれればどうでもいいです、とお願いして処方箋を作ってもらい、またメガネ屋に戻って処方箋を渡し、無事メガネを作ることができたのでした。結局、左目はメガネかけても0.03とかなのでレンズ入れる必要もないんじゃねぇかって感じでしたけどね。